FC2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
志賀高原ビール ニューイングランドIPA
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2021.08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2021.10≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
  18:00 ~ 1:00
  ラストオーダー 0:30
休日 
 日曜日(但し月曜日祝日の場合
     日曜営業、月曜休み)

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
「BEER    」 の記事一覧
2021.07.31 Sat
志賀高原ビール ニューイングランドIPA
ただいま、開栓中のクラフトビールは長野県下高井郡にある玉村本店の

志賀高原ビール ニューイングランドIPAです(^O^)/

202107311240073fb.jpg

玉村本店HPより

ニューイングランドスタイルのIPA。

マリスオッターをベースに、"THE FARMHOUSE" を意識して、ぼくらのスペルト小麦(自家栽培 + ふたごや農園産)をたっぷりつかいました。

はじめてつかう新しい品種を含む、大好きなアメリカンホップ4種類で仕込みました。

ご覧の通り、やや曇った明るいオレンジ色。

いつも書いていますが、ぼくらのこのスタイルは、ネクターのようにどろりとにごって、甘みが強いタイプではありません。

それはそれで魅力的ですし、インパクトも強いとは思うのですが、ぼくらがこのビールでイメージしたのは、ちょっと違います。

そういうのをお求めの方の好みではないと思います。


このスタイル特有の、トロピカルな香りとジューシーな飲み口、でも苦味はしっかりあって飲み口はあくまでもドライ。

ビール単体で満足、一杯で十分って感じよりも、食事とも相性がよく飲み飽きない IPA です。

よろしゅうに(^_^)v




BEER       Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2021.07.22 Thu
はたらけ!セゾン
只今、開栓中のクラフトビールは静岡県伊豆の国市にある蔵屋鳴澤の

反射炉ビア はたらけ!セゾン です(^O^)/

20210722153302117.jpg

〜ブルワリーより〜

スパイシーで酸味の効いた、クラシックなベルジャンセゾンが新登場!
セゾンと言えば、発祥のベルギーでは農民が夏の農作業時に飲むためのビールと言われ、労働条件のひとつとしてビールが提供されていたといった逸話があります。それは現代の日本社会においても同じで、日々労働し、その見返りとして賃金を頂き、ビールを飲む。そういった労働の対価で飲むビールは、間違いなく『セゾン』でしょう。ということで、そういったセゾンを作りました。このビール飲んで、次の日も気持ちよく働きましょう!!

【造りのこだわり】
華やかでスパイシーな酵母由来の香りに、爽やかな香りを持つホップを合わせることで、より爽快な香りに仕上げました。味わいとして甘味と酸味が全体のバランスを形づくり、最後にホップによる苦味から、ドライなキレのある味わいを目指しました。
〈テイスティングコメント〉
【外観】
にごりのあるイエロー
【香り】
トップで皮をむいたリンゴ、黄色い柑橘、カリン、黄桃などの果実のアロマが色とりどりに感じられ、 華やかな印象が溢れています。
【味わい】
口に含んだ印象は爽やか。リンゴ、パイナップル、カリンを思わせるアロマでも存在したニュアンスの風味が甘酸っぱさを携えてイキイキと感じられます。余韻もスッキリとしているので、ドリンカブルな  ビールでありながら、心地よい酸味が食中酒としての一面も見せてくれます。

よろしゅうに(^_^)v


BEER       Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2021.04.05 Mon
カマドブルワリー かんこうIPA
只今、開栓中のクラフトビールは岐阜県瑞浪市にあるKAMADOブルワリーの

かんこうIPA です(^_^)/

134918084_227878615632923_8818787710290757219_n.jpg

スパイシーかつウッディな味わい、ホップ由来の強い苦みとコクのあるボディが特徴です。
アロマ、コク、苦味といった全体のバランスをじっくりお楽しみください。
かんこう(勘考)とは、岐阜県東濃地方の方言で「工夫する」。
醸造長・丹羽が、ビールづくりに対し口癖のように使っている言葉。かんこうを重ねた1杯を堪能ください。


KAMADOブルワリーHPより

CONCEPT

2020年、岐阜県東濃地方に誕生した「カマドブリュワリー 」で醸造家・丹羽智の新たな挑戦が始まりました。

東濃地方は、かつて丹羽が美酒を醸し、そして、10年の歳月を経て戻ってきた彼の故郷です。

カマドブリュワリーは、クラフトビール界の匠である彼と地域を思う2人のビール好きとの出会いにより産声をあげました。

「カマド」という名前を掲げたのは東濃地方が「美濃焼」に代表される日本屈指の窯業地であり「窯・カマド」が、この地の陶芸家にとって心のシンボルのような存在であることからです。

「カマド」の火を絶やさぬよう、私たちがビールを通して、この地域にできることは?

それはレジェンドとも呼ばれた醸造家の創造性をこの地の窯業、風土、文化と掛け合わせ新たなビール文化を生み続けることです。

カマドが生みだす、カルチャーミックスで、懐かしくも未来を感じさせる一杯をこの地のストーリーと共にお楽しみ下さい。






BEER       Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2021.03.31 Wed
覚王山ブルワリー ウィリアム・ハート 入荷!!
今年からデビューした、覚王山ビールをようやくGETしました!!

覚王山ブルワリー ウィリアム エール

202103311726165ae.jpg

〜 覚王山ブルワリー Instagramより 〜

ウィリアム・エールは、イギリス人探検家「ウィリアム・ペッペ」にちなんで名付けました。
彼は北インドの古墳でブッダの遺骨を発掘したとされる人物。
シャム(当時のタイの国名)の国王は、このお骨を、経験な仏教徒の多い隣国に分骨することを決定。
その国の一つに日本が選ばれ、覚王山が生まれたのです。
覚王とは、釈迦の別名でもあるのです。

探検家の発見 ー「冒険と探究」はわたしたちがビールを立ち上げた決意。
そして彼が繋いだ国の友情のように、多くの人をクラフトビールでつなげたい。

そんな思いから誕生したビールです。

フルーティな味わい、ほのかに香るスパイス。ぜひご賞味ください。

覚王山ブルワリー初のプロダクトはIPA。皆様との出会いを華やかに彩るために、IPA特有の苦みを少し抑え、代わりにほのかな甘味と香りが印象に残るようにレシピを工夫しました!

クラフトビールを約15年取り扱ってきて、我が街にもクラフトビールが誕生して、嬉しい限りです😊

覚王山ブルワリーは覚王山にブルワリーを持っているのではなく、広島県のクラフトハートブルワリーに委託して醸造した完全オリジナルレシピのビールです!

IPAスタイルですが、今どきの流行りのスタイルのIPAスタイルではなく、細かいアイデアが入り、オリジナリティも有つつも、イングリッシュスタイルIPAの王道のテイストをスタンスにもった味わいで、個人的には好きなテイストです!

皆様達にも是非とも飲んで頂きたいビールです👍



BEER       Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

2021.03.22 Mon
KAMADOブルワリー ほんでホワイト
3ヶ月振りのクラフトビールKEGの開栓です(^3^♪

只今、開栓中のクラフトビールは岐阜県瑞浪市にあるKAMADOブルワリの

ほんでホワイト です(^_^)/

20210322063215b94.jpeg

淡い雪のような白色に、バナナやピーチを思わせるフルーティーなアロマ、そしジューシーな味わいが特徴です。

すっきりとしたフィニッシュで、苦味のあるビールが苦手な女性にもおすすめの一杯です!


KAMADOブルワリーHPより

CONCEPT

2020年、岐阜県東濃地方に誕生した「カマドブリュワリー 」で醸造家・丹羽智の新たな挑戦が始まりました。

東濃地方は、かつて丹羽が美酒を醸し、そして、10年の歳月を経て戻ってきた彼の故郷です。

カマドブリュワリーは、クラフトビール界の匠である彼と地域を思う2人のビール好きとの出会いにより産声をあげました。

「カマド」という名前を掲げたのは東濃地方が「美濃焼」に代表される日本屈指の窯業地であり「窯・カマド」が、この地の陶芸家にとって心のシンボルのような存在であることからです。

「カマド」の火を絶やさぬよう、私たちがビールを通して、この地域にできることは?

それはレジェンドとも呼ばれた醸造家の創造性をこの地の窯業、風土、文化と掛け合わせ新たなビール文化を生み続けることです。

カマドが生みだす、カルチャーミックスで、懐かしくも未来を感じさせる一杯をこの地のストーリーと共にお楽しみ下さい。


BEER       Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑