FC2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
ストレンジブルーイング SAMURAI 侍 IPA
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2007.01  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2007.03≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
 平日 18:00~2:00
 日祝 18:00~0:00
休日 
 日曜日(但し月曜日祝日の場合
     日曜営業、月曜休み)

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
「 2007年02月 」 の記事一覧
2007.02.24 Sat
樽詰めギネス
guinnessdraft10.jpg


うぅ~うっ、美味い!!

CASKでは、本場アイルランド仕込みの生ビールを皆様に提供する事が出来るようになりました。
(現在名古屋でも約80件ほどしかありません)
生ビールでしか味わえない、極め細かい泡、そしてさわやかな苦み、アイルランド人が愛してやまない
この味を是非一度飲んで頂きたい! なかなか飲めない生のギネス、しかし珍しいばかりでは
ありません、飲んでみれば分かります、頑固なアイルランドの風が感じられます。


麦芽やキャラメルのような風味に始まり、最後にはローストされた強い苦味(たまらん。。
黒く焦がした麦芽と上面発酵法によるこのビールは鉄分とミネラルを多く含んでいて
疲労回復とストレスの解消に最適と言われます。

事実アイルランドでは医者が極度な貧血症の妊婦に毎日グラス1杯のギネスビールを勧めるのです。アップロードファイル


1959年の販売開始。
グラスいっぱいに力強いサージング(泡立ち)が広がり、その後でクリーミィな泡と分かれて
2層(約3分間)になる――これが樽詰めギネスの特徴です。アイルランド本国でNo.1の売り上げを誇るこの黒ビールは世界中で愛飲されています。


   にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ

           ↑飲みたくなったらクリックをy2

CASKおすすめ      Comment(5)   TrackBack(0)   Top↑

2007.02.24 Sat
スターバックスのリキュール入荷
1113601N_1.jpg


スターバックスのオリジナルブレンドコーヒーのみを使用。
カルーアなど他のコーヒーリキュールに比べ、
☆コーヒーの香りが高く、ほろ苦く濃厚な味わい
☆コーヒーの甘み・コクが強い
☆スピリッツ臭がしない
☆ミルクなどで割っても負けない・・・など、味・香りともに個性ある仕上がりとなっています。

シェーカーをイメージして作られたボトルは部屋に飾って置いても結構お洒落です。


613602N.jpg


クリームリキュールはCoffeeベースにクリームを加えアルコール度数も抑えたCreamは
濃厚かつマイルドなテーストとなっています。

お勧めの飲み方はロック、またはホットにして、あるいはコーヒーリキュールと割って
いろいろな飲み方でお楽しみください。


国内で発売されているコーヒーリキュールには、カルーア、ティア・マリアなどいくつかあります。
中でもゴディバ・リキュールやベイリーズ・アイリッシュクリームは、世界的にも有名なブランドです。
主にウォッカベースのカクテルに用いられたり、オンザロックスなどで飲用されてきましたが、
決してメジャーな飲み物ではありませんでした。

この「スターバックス コーヒーリキュール」は、日本国内で629店(2006年9月現在)を展開する
“スターバックス”の圧倒的なブランド・イメージに加え、これまでのコーヒーリキュールの
カテゴリーを超え、より幅広いユーザーを獲得し、新しい飲用シーンを切り開いていくものと期待されます。


   にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ

           ↑よろしければクリックをy2

その他のお酒      Comment(5)   TrackBack(1)   Top↑