fc2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
オラホビール 雷電カンヌキIPA
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2007.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2007.07≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
  18:00 ~ 1:00
  ラストオーダー 0:30
休日 
 日曜日・祝日

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
「 2007年06月 」 の記事一覧
2007.06.18 Mon
似非バーテンダー誕生 (歩み VOL.9)
まず先にLIVEチケットですが、皆様のおかげで完売いたしました。。
誠にありがとうございました。。
 
                   


とにもかくにも、こうしてチーフは独立!

わたくし愚主は老舗のメインバーテンダー(とてもそんな風に呼ばれるもんじゃない、、)

しかし、お客様から見ればそんなのは一切関係ないっ!!

さて、いざ戦場へといったところ・・・

だからといって、じゃー何をしたらいいかがわからない、、いっぱいあり過ぎて
今でさえバーテンダーに必要な1割も出来ていないぐらいというのに・・・

結局できることといえば、、、

恥をかく事だけでした。。 汗

お酒の知識も、もちろん技術も会話もバーテン経験も人間の経験もなにもない民間人、、

この時はもう戦場に立っている。。
今からカクテルブック(戦闘マニュアル)開いたところでしょうがない、、
技術(武器の使い方)を磨く時間もない、、

そこで愚主はこの時、
そう、恥をかかないように(死なない)するにはどうしたらいいかばかり考えていました。。

いかにごまかして、経験がないってばれないようにするかを・・(バレバレだったと思いますが)

カクテルは覚えてないからといって、カクテルブックを見ているところを見られたくない
見ないでは出来ないので、単語帳に使ってたような小さいノートに自分専用の
カクテルブックを作って、いかに見てないように見えるかを考えたり、カクテル技術に
いたっては当然チーフだった方からの教えもそーですが、(この時は頭にはいらんかったし・・)

そこで、いろんなBARへ行き、何人かのシェークの振り方がかっこいい人の振り方を
合わせてマネをするということやってました。。

会話は聞き上手になればいいと思いました。。
実際は『はい、そうですか』としか言えなかっただけですが・・・

本当は聞き上手とはとても難しいが・・・

世の中のほとんどの方がバーテンダーって『話が上手い方』でなければって、思っていませんか?

会話が上手いにこした事はないが、聞き上手の方が向いています。。

変に話が好きで話が上手いと思っていると、そこに落とし穴があります。
相手の事を無視して会話する事が多いのです。。
BARでに限らず、お店に行かれて経験した方も多いのでは?

むしろ苦手なぐらいの方が良いのです。。愚主もその1人です

その方が苦手意識があるため聞き役に徹することもあるし、相手の気持ちを気にしながら会話
が出来るようになるからです。。(通常の生活に当てはまるかはわかりませんが・・)

はじめて来るお客様、いつも来るお客様にも嬉しい日、寂しい日、悲しい日、楽しい時、、、

なかには悲しい日に楽しく振る舞う方もいます

いろいろな状態を察知する事はなかなか難しいです。。
まだまだ、というより一生かかってもわかったなんてないでしょうけど・・



とにかく、こうして、、、

似非バーテンダーが誕生したのです!! アップロードファイル


   にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ

           ↑よろしければクリックをy2


歩み     Comment(7)   TrackBack(0)   Top↑