FC2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
ストレンジブルーイング SAMURAI 侍 IPA
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2008.05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2008.07≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
 平日 18:00~2:00
 日祝 18:00~0:00
休日 
 日曜日(但し月曜日祝日の場合
     日曜営業、月曜休み)

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
「 2008年06月 」 の記事一覧
2008.06.28 Sat
竹鶴ノート
 
現ニッカウヰスキーの創業者 『 ジャパニーズウィスキーの父 』 竹鶴政孝氏が

1920年に単身スコットランドに渡り、ウイスキー造りを学んだキャンベルタウンでの実習報告を

まとめたノート、、、知っている方も多いかと思います。。

そう、、いわゆる竹鶴ノートです。。。

P1020437.jpg



2004年に創業70周年記念ウイスキー『ザ・ニッカウヰスキー ピュアモルト35年』(今では超レア) 
というボトルが限定500本のみ発売された時に付いていたものです。。 もちろん、非売品。。


このノートには達筆、かつ丁寧な字で、事細かく製造工程がギッシリ書かれております。

ポットスティル等のイラストも忠実に書かれていたり、当時では貴重であったであろう写真も

丁寧に添付されています。。

このレプリカは、見つかった当時の状態で再現されており、

写真の古めかしい感じやノートの染み等々、まるで本物のような感じです。。

当然です、、だからレプリカって言うんですからxx


・・・思うんですが、、偉人になるような方って知ってる限りですが、、

達筆の方が多いんだよな。。  愚主にはなれませんなxx

いや、、なってるか、、、異人に・・・ うーん


P1020438.jpg


P1020439.jpg

 


読んでみたい方は愚主に言って下さいな、、ウヰスキーに詳しくなくとも楽しめるノートですよ。。



こんな話も・・・

1962年、イギリスのヒューム副首相が来日した際、

『 一人の青年が万年筆とノートでウイスキー製造技術の秘密を全部盗んでいった 』

という意味の発言をしたと言われている。 もちろんこれは竹鶴に対する賞賛であった。

このとき話題に出たノート(竹鶴ノート)はしばらく所在不明であったが、

のちに竹鶴が当時所属していた摂津酒造(1964年10月、宝酒造に合併された)

関係者の子孫が保存していることが分かり、ニッカウヰスキーに寄贈された。

竹鶴政孝氏の酒量は御眠りになるその時まで毎日ウイスキー1本飲んでいたそうな。。

なんとも、、愚主も身体のこと考えて飲んでる場合じゃないなxx


いや、いや、いや、、、無理ですxxx

      さすが、、偉人って方は何もかもが違います。

                          比べちゃいけませんxxx


いずれれにせよ、、今、ウヰスキーをこうして呑めるのも

          竹鶴政孝様のおかげ。  足を向けては寝れません。。
 






Wikipediaより

竹鶴 政孝(たけつる まさたか、1894年6月20日 - 1979年8月29日)は、
広島県竹原市出身の日本のウイスキー製造者、技術者。会社経営者。
ニッカウヰスキーの創業者であり、『日本のウイスキーの父』と呼ばれている。
竹鶴という名前は、家の裏にあった竹林に鶴が巣を作ったことから由来している。
1929年、鳥井信治郎に招かれ寿屋(現在のサントリー)山崎蒸溜所初代工場長として、
日本初の本格スコッチ・ウイスキー製造を指揮。その後、より本格的なスコッチの製造を指向して
大日本果汁(現在のニッカウヰスキー)を興した。
あくまでも品質にこだわり続けた技術者として知られる。





にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ       

お酒、食に関する事     Comment(2)   TrackBack(0)   Top↑