FC2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
現在、ご提供中止しております
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2021.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2021.06≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
  18:00 ~ 1:00
  ラストオーダー 0:30
休日 
 日曜日(但し月曜日祝日の場合
     日曜営業、月曜休み)

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
2008.08.20 Wed
小笠原諸島ラム
 
小笠原では、開拓初期(1830年頃)の欧米系定住者が捕鯨船とラム酒の取引を行っており

ラム酒製造の土壌は備わっていました。

その昔この酒は「泡酒」や「蜜酒」などと呼ばれ、太平洋戦争中に島民が強制的に内地へ

疎開させられるまで永く愛飲されてきたのです。

こうした独自の歴史を背景に村おこしの1つとして小笠原ラム・リキュール株式会社が設立され

小笠原の地酒としてのラム酒が誕生し、1992年(平成4年)より販売を開始しました。

サトウキビ特有の豊穣な甘さと力強さは、まさしく亜熱帯の太陽そのものの味わいです。


9773693.jpg
スタンダードボトルの写真



そして、今年は小笠原が米国より返還されてから40年が経ち、

40周年記念ボトルが限定発売されました。

この記念ボトルを小笠原に行かれた方から頂きました。

P1030119.jpg

ラベルに「BONIN ISLANDS」と書かれているので、何かと思って調べてみたところ

「小笠原諸島」の英名だそうです。

かなり昔から欧米の船乗りには、知られた島だったという事でしょう。


味は、ラム酒らしい香りと後口の甘みに加えて、黒糖焼酎やブラジルのピンガのような

少々荒々しさを感じさせる癖がありますが、その癖もなかなかよいアクセントで

ほのかに甘くすっきりした感じです


ボトルも小さめで量に限りがあります。

興味がある方は早めに言って下さいね



ちなみに2006年にこんな限定ボトルもでていたらしいです。

2c27e2b5-s.jpg
北海道日本ハムファイターズ  小笠原道大 ボトル

小笠原道大は小笠原諸島の観光親善大使なんだそうです。。

写真はないですが、2003年には小笠原道大が首位打者をとった時も

記念ボトルが出てたらしいです。





にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ  

      

その他のお酒      Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cask1998.blog94.fc2.com/tb.php/285-dd74750f

Top↑