FC2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
現在、ご提供中止しております
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2021.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2021.06≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
  18:00 ~ 1:00
  ラストオーダー 0:30
休日 
 日曜日(但し月曜日祝日の場合
     日曜営業、月曜休み)

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
2008.11.22 Sat
おあいそ
 
もう、こんな事は知っている方も多いかと思いますが、、

最近また、気になったのでちょっと独り言。。


料理屋さんなどで帰り際に勘定を払うとき、お客さんが使う言葉。。

『 お愛想 (おあいそ) 』  

これは本来、お店の人が勘定書を渡すときに使った物ですが、

これをお客様から言われることが多いのです。 でも、これは間違った言葉の使い方です


それについて少し・・・

まず、語源ですが、まだ人々の生活圏が歩いていける範囲であったころには、

馴染みの店の勘定は少し残して払うのが当たり前でした。       

つまり、「ツケ」を残すことによって、次に来る口実を作る為にです。  


しかし、中にはきっちりしたい方もいるもので、勘定をきれいに払って帰ることがあります。

お店の方はきっちりしてもらって嬉しいかというと、そうでなく、

勘定を全額払うということは、先程の論理から言うと、「もう来ない」という意味になるのです。

そこで、店の人が 「もうこの店に愛想尽かしして、来ない気でいるな」 という感じで、

すねるように、「おや、○○さん、お愛想だってよ」という言葉が、「店の側から」出てくるわけです。

つまり、この台詞は、店側が使う符丁で、お客が使うものではないのです。

その後、料理屋さんでも 「本当はこのままいて欲しいのですが、ここで勘定を払って頂こうと

思います」 と言う意味で使い始めたのが最初です

これをお客の側が 「おあいそして」 というと 「こんな店愛想が尽きたから精算してくれ」

という意味になってしまうのです。。


言語は常に変わっているのだから別に気にしないでいいのではないのか

という考えもあるのですが、「お勘定」と「おあいそ」がホントに交換可能ならば、

「お勘定書き」が、「おあいそ書き」になっても違和感はないはずです。

しかし、ちょっと違和感ありますよね?

「支払明細」が「おあいそ明細」になっても変ですし、「精算書」が「おあいそ書」となっていたら、

気分的に精算はしたくなくなるしょう。      (ちょっと強引?)

要するに、「おあいそ」 という言葉は、飲食店の精算時にのみ使われる 「符丁」 なのです。


「符丁」 についても少し、、

例えば、お茶を 「あがり」 と言ったり、お醤油を 「むらさき」 などというのはまだ可愛いですが

お勘定をお願いする時に、お店の人達に対して「おあいそ」と言うに至っては・・・

おそらく、本人は何も知らないままに口にしているのでしょうが。。。

「符丁」というのはその社会の中で使う事を前提にしているわけですから、

部外者のお客が知ったかぶって、それらのことばを口にするのはいかがなものかと・・・

そのような言葉を喜んで使うような人は、「半可通」 と呼ばれます。

よく言われる事ですが、『 生兵法は大怪我のもと 』 ともいいますし、

よく意味も知らずに知ったかぶりをしてこういう符丁を使うのはあまり感心しませんし

『 カッチョ悪いです 』 

店側の隠語は、店の人間が使ってこそ決まるものです。

お客に、「あがり、さしかえて」などと言われた日には、寿司屋の板前さんは、

「おーい、お客さんにお茶、お替り」というしかなく、どちらが客だか分からなくなってきて、

店内の空気も締まりません。。

つまり、「知ってて使わない」のがイキであり、ダンディであるわけです。

わからない時はお店の方に聞けばいいのです。   (決して恥ずかしくありません)

いいお店であれば、きちんと対応してくれるはずです。

もし、そうでない対応のお店でしたら、もう行かなくてもいいお店でしょうー   (BARでも同じです。。)

それこそ 『 おあいそ 』 と言ってすぐに出て行くべきです。。 (愚主は小心者なので出来ませんが…)

「おあいそ」 のように、通ぶって間違うのが一番かっこ悪いですから。


決まった言葉はないですが、お支払いの際は普通に

『 お勘定をお願いします 』 や

『 お会計をお願いします 』 『 チェック 』 なんかがいいかと・・・

その他 『 美味しかったです。ごちそう様でした 』  

なんかでも気持ちよい言葉だと思います。。


「おあいそ」 だけでなく他にもこういう覚え間違いしやすい言葉ってありますよね。

気をつけないと・・・




にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ  


  
 

お酒、食に関する事     Comment(3)   TrackBack(0)   Top↑

Comment
Posted by しほたつ
寿司屋で子供が「さび抜きで」とか
「あがりちょうだい」とか云うてるのを聞いて、
しばいたろかーと思いました(笑)。
2008.11.26 Wed 18:23 URL [ Edit ]
Posted by のら
確かに店内で職人さんが大きな掛け声で
「あがりいっちょう」「○○さんおあいそ」
って聞くと活気があっていいですよね

ここでひとつ笑い話
次男が「おあいそ」って言われてニコニコと
しながら「ここのおすし おいしいよ」って
知らない店内のお客さんに愛想を振りまいて
いました(笑)
2008.11.27 Thu 11:08 URL [ Edit ]
Posted by CASK愚主
>しほたつさん
『さび』はいつから言われているのだろうか?

最近のように言われますが、もう随分前から略語ってあったんでしょうね。

その寿司屋さんは是非、回ってる処であって欲しいです(笑)

>のらさん
次男さん、是非、CASKでここのカクテル美味しいよって、
さくらになってもらえないかなぁ~(笑)
2008.11.28 Fri 10:13 URL [ Edit ]

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cask1998.blog94.fc2.com/tb.php/362-c910c751

Top↑