FC2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
現在、ご提供中止しております
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2021.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2021.06≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
  18:00 ~ 1:00
  ラストオーダー 0:30
休日 
 日曜日(但し月曜日祝日の場合
     日曜営業、月曜休み)

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー
ブロとも申請フォーム
2009.03.06 Fri
その痛みは幻。。
 
先日ためしてガッテンで慢性痛についての放送をしてました。

慢性痛とは簡単にいうと、もんでも温めても治らないコリのような痛みや長引く痛みのこと。

でも、この痛みはなのだ! という話。。

それは痛いと思っているところは実はこっているのではなく、それは脳が作り上げた錯覚。

普段痛い場所とは別の場所に、触ると“コリコリ”するものが潜んでいるらしく

しかもそれは別の場所にあるのに、押すとなぜか普段痛む場所に激痛が走る。。

押された場所と、痛む場所が違う「コリコリ」(慢性痛)

このコリコリの正体は、神経の異常興奮。。

神経が異常に興奮した部分の周りの筋肉がしこり状になったものが、

手で触るとコリコリするのです。

コリコリは専門用語で 『 トリガー(引き金)ポイント 』 と呼ぶ。

このトリガーポイントをほぐしてやらないことには痛みは取れません。。

慢性化が進んだ場合はトリガーポイントはさらに激しい興奮状態になり

痛みの信号を連射します。

すると、たくさんの信号を受け取った脳は混乱状態におちいり、脳は信号がきた場所を

間違って判断してしまいます。


その結果本当に痛む場所とは違う場所を痛いと感じてしまうのです。

脳って・・・。

たまにありませんか?

マッサージしている時、お客さんココこってますねぇなんて言われ

そこよりこっちの方がこってて、痛いんだけど・・・

そして、頭の中で変なところに来ちまったなぁ~

・・・なんてこと。。。



これは間違い。。


「もんでも温めても治らない頑固なコリ」と思っていた痛みのほとんどは、脳の錯覚の痛み、

つまり 「幻」 だったのです。


したがって、コリコリ(慢性痛)の場合、筋肉に異常が起こると神経から脳に信号が送られ、

脳は異常を起こした場所を「痛い」と判断。。

コリ過ぎての吐き気やめまいもその症状から起きる場合もあるらしいのです。


幻の“痛み”をもんだり、温めたりしていたのですね。


これではコリも痛みもとれるわけがないのです。。



・・・なるほど。。


で、どうすりゃいいんだ。。


って方、詳しくはためしてガッテンHPにて








――――――――  お知らせ  ――――――――


3月7日(土)は研修の為、

    臨時休業とさせて頂きますので

         何卒宜しくお願い致します。






にほんブログ村 酒ブログへ   にほんブログ村 酒ブログ バー・レストランへ  

ダイアリー 時事    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cask1998.blog94.fc2.com/tb.php/441-a4e3d8c8

Top↑