fc2ブログ
BAR CASKの愚主の普段思っているこんな事やあんな事を書き綴るBLOGです。
CASKシアター   | CASKおすすめ   | ウイスキー  | BEER    | その他のお酒   | お酒、食に関する事  | 愚主めしStore  | 愚主めしCooking  | 愚主めしShopping | ダイアリー 愚主 | ダイアリー 時事 | My Favorite | 歩み  | がーすけ |  | 
飲酒運転撲滅

本日のクラフトKEG
富士桜高原麦酒 インペリアルピルスナー
CASK愚主のFacebook
Bar Cask Masakazu Ito

気軽にリクエストしてくださいませ
CASKホームページ
最近の愚主
あえて分けるなら
C A S K 愚 主 の 独 り 言                       
≪2024.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2024.05≫
愚主 M.I

CASK愚主

Author:CASK愚主
1970.11.17 
岐阜県付知生まれ、名古屋育ち
BAR CASK所在地
 愛知県名古屋市千種区山門町
 2-83-3グルメコート覚王山B1
TEL
 (052)752-8200
営業時間
  18:00 ~ 1:00
  ラストオーダー 0:30
休日 
 日曜日・祝日

ドリンクメニュー
ブログ内検索
ありがとうー
月別アーカイブ
2010.08.04 Wed
『歴史の終り』 というBEER
いろんな事考える人がいるもんですね。。。

しかも、、

ボトルの趣味が・・・・  な、な、なんと、、

ボトルがシロテンなどの剥製を使い、しかもアルコール度数55%の

「世界でいちばん強いビール」が売り出され、話題になっています。(即完買:)

一般的なウォッカよりも強いこのビールを造ったのは、英アバディーンシャー州

フレーザーバラにあるブリュードッグ社。

ま、よく変り種ビールを造るところなんですが・・・

そのビールとは、、これまた・・・な、な、なんと!

12本で 500ポンド!!!!

約66000円


100723b.jpg

「ジ・エンド・オブ・ヒストリー」というなんともスゴイネーミングのこのビールは

12本でセットとなるビールはシロテン7匹、リス4匹、ウサギ1匹の剥製で覆われたボトル。

この剥製は同社ではどれも病死したものだと説明しています。 

またブリュードッグ社の創立者の1人、ジェームズ・ワットはこの

「ジ・エンド・オブ・ヒストリー」を、「剥製術と醸造術の完璧なる結婚」と言っており

奇抜さ、芸術性、そして反逆心にあふれたビールは是非、ショットグラス?で

味わってほしいとも述べています。

気になるお味ですが、記事によるとネトル(イラクサ)とジュニパーベリーを浸漬させた

ベルギータイプのビールと書いてありますから、ジンに似た、ちょっと癖のある香りがする

濁りビールといったところでしょうか???

製造過程では凍結仕込みもおこなっているそうです。



・・・・・。

言葉がないですな。。。


センスを疑います、、、でも変な好奇心はありますが・・・(笑)


ところがこれに反応して、すぐに負けじと上回るビールを造るところが・・・

「このビールは一気に飲んではいけません。高級ウィスキーかコニャックのように

チビチビ飲んで下さい」というビールがオランダで売り出された。

アルコール度数60度のビールという。

この醸造業者は、前に45度のビールを作ったが英国の業者が55度のビールを作って記録を

更新されたため対抗して開発したもの。

『一寸した競争になりましたが、まぁお遊びと考えて下さい』と業者は言う。

価格は、1/3リッター一瓶で35ユーロ(45米ドル、約4千円)

ボトルは剥製でありません(笑)


たしかに、、遊び心って・・・大事ですよね

遊び心・・・・

じゃあ、、このビールショットグラスではなく

やっぱりジョッキでグビグビと呑みますか?




BEER       Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://cask1998.blog94.fc2.com/tb.php/697-6e443d8d

Top↑